環境への取り組みについて


 

暮らしの中に調和のとれた空間を作り出すこと、それはESTEBANが目指すブランドミッションのひとつです。香り創りにおいては、私たちは全てが相互に影響し合う世界に生きていることを常に意識し、自然環境と人間環境のバランスを保つよう心がけています。



ESTEBANは、次のような方法で製品のエコデザインを推進しています。


  1. 環境にやさしいバイオ素材を積極的に採用しています。
    例えば、ラタンブーケディフューザーには、フランス産の植物性アルコール、スティックには天然の籐を使用しています。
    デコラティブラタンスティックには、適切に管理された森林から調達されたもので象られています。
    キャンドルには、ヨーロッパで調達した100%植物性ワックスを使用し、環境に配慮した製品作りを行っています。

②パッケージにはFSC認証の素材を採用しています。

※FSC認証とは、持続可能な森林活用・保全を目的として誕生した、「適切な森林管理」を認証する国際的な制度です。認証を受けた森林からの生産品による製品にはFSCロゴマークがつけられます。


③フレグランスリフィル、キャンドルリフィル、カーフレグランスリフィルなど、少しでも製品寿命を長くできるよう、詰め替え可能な仕様をご提案しています。


④過剰包装を減らし、リサイクル可能な素材を優先的に採用しています。

ラタンブーケディフューザーやキャンドルの容器はリサイクル可能なガラスや陶器を使用しています。また、フレグランスリフィルのペットボトルはリサイクル可能な100%再生プラスチックを使用しています。


⑤人々の健康と環境に配慮した成分や処方を推進するため、研究開発への投資を惜しまず、欧州の厳しい規制基準に準じた製品づくりを続けています。


⑥「1% FOR THE PLANET」に加盟し、環境保護団体への支援を継続的に行なっています。




「1% FOR THE PLANET」とは企業や個人の収益の1%を環境保護団体に寄付することを奨励するグローバルネットワークです。この取り組みは、地球環境の保護と持続可能性の促進を目的としています。パタゴニア社の創設者イヴォン・シュイナード氏と、ブルー・リボン・フライズ社のオーナーであるクレイグ・マシューズ氏により2002年に創設されました。

「1% for the Planet」がフォーカスする「気候」「食糧」「土地」「汚染」「水」「野生生物」6つの主要な問題領域に対して、基準を満たすパートナーである非営利組織に寄付されています。

ESTEBAN社は2020年より「1% FOR THE PLANET」に加盟し、ESTEBAN製品の一部の売上の1%を寄付することで、地球環境保全に貢献しています。



ESTEBANは、地球に優しい未来を築くため、環境に配慮し、持続可能性を追求した製品を今後も提供してまいります。